複合機をリースで導入する事の利点について

  • 折込チラシを入れたい

    • 新しいお店を開いたり、もっと単純に、お店の売り上げを上げたいというときには、いささか古典的ではあるものの、やはり宣伝広告の基本である「折込チラシ」が有効に作用することはよく知られるところです。



      もちろん、すでにそうした経験がある人にとっては問題ないとは思いますが、特にお店の新規オープンなどで初めて折込チラシを入れたいという人にとっては、その方法がわからないケースも当然考えられます。



      そこでここでは、新聞に折込チラシを入れるまでの流れを簡単にご紹介したいと思います。



      まずは、広告作成会社に依頼して、自分が描いているデザインの広告を決定します。



      これを何部折りこむのかというところまで事前に決定してから、広告作成会社に依頼するようにしましょう。



      広告ゲラが上がってきたら、校正をかけてから、印刷を依頼します。
      たいていは、広告作成会社で印刷までは手配してくれます。



      必要な部数の印刷ができたら、これを最寄りの新聞販売店に持ち込むわけですが、部数が大量にある場合は、そのまま印刷会社から新聞販売店に配達してもらうことも可能なケースが多いです。ただ、事前に販売店のほうに折込チラシを入れる申し込みをする必要があります。



      ですから、特にはじめて折込チラシを入れるという方は、事前に新聞販売店に出向く、あるいは電話などで連絡を入れて、折り込むまでの流れを確認しておいたほうがよいでしょう。



      まあ慣れてしまえばそれほど難しいことではありませんので、これからお店を始めたい人などは、簡単ではありますが、この手順をよく覚えておいてください。

  • 関連リンク

    • 複合機を導入する場合、リースにすべきかそれともレンタルにすべきかと迷う事が有ります。リースはリース会社と契約を行って、メーカーなどから買い上げた製品を月額料金を支払って借りるものであり、レンタルと似ている部分も有ります。...

    • 新しいお店を開いたり、もっと単純に、お店の売り上げを上げたいというときには、いささか古典的ではあるものの、やはり宣伝広告の基本である「折込チラシ」が有効に作用することはよく知られるところです。もちろん、すでにそうした経験がある人にとっては問題ないとは思いますが、特にお店の新規オープンなどで初めて折込チラシを入れたいという人にとっては、その方法がわからないケースも当然考えられます。...